テーマ3「隔絶」:カード評価
作成日:2022-01-02
最終更新日:2022-01-02
概要
テーマ3「隔絶」でよく使用したカードを紹介しています。
最初によく使ったカード
サレンダーストーン 使用すると除外されるものの、1コスト下がったカードがコピーされる。元のカードは除外されているので、ワームホールで戻したり、除外カードを対象にする秘宝の効果範囲になる。
量子のもつれ? 任意の墓地のカードを威力とコストを0にして取り戻せる。サレンダーストーンの初期3コストは最初は重いが、その初期コストを0にできる。
グローキャスト 使うと、1コスト下がった状態で山札の一番上に戻る。チェイスダウンと組み合わせればすぐに手札に戻して繰り返す使うことができる。
最終的によく使ったカード
汎用的に使えるカード
羊嫌いな女帝 シープカードを持てない、という制限は付くもののコスト追加&追加ドローができるため、基本的にどのデッキでも入れるだけ損することはないカード。どうせシープカードあまり使わないし。
攻撃力増加系カード
リターンロック 1コストかつ、全体攻撃かつ、山札に戻るたびに攻撃力が上がる効果を持った扱いやすいカード。更に使用すると山札の先頭に戻るため後述のチェイスダウンと相性がいい。
チェイスダウン 0コスト・追加ドロー持ち。ただ、山札からサーチするだけなので山札が切れたら追加ドローはできず、単品ではアトラクトチェインのような無限コンボはできない。
その他
精鋭部隊の儀式魔法 全体に大きいダメージを与えられる単品で完成されたカード。デッキ圧縮はしないといけないが、基本的にどのデッキでもそうしているはずなのであまり関係ない。
グローアップレイ 3コストは重いが、使えば使うだけ攻撃力が上がっていき、その上がった攻撃力は戦闘終了後も維持される。ワームホールなどを使って1回の戦闘で可能な限り攻撃力を上げると最後には数百の攻撃力にできる。上げた攻撃力は単品で使ってもいいし、カタパルトで撃ち込んで使う手もある。
ワームホール 除外されたカードをランダムで1枚手札に戻す。初期デッキのナイトメアなどあまり要らないカードを戻してきてしまうこともあるものの、除外主体デッキだと基本的にあるだけ得するカード。羊嫌いな女帝のような無条件で使えるカードも戻せる。
コメントログ
コメント投稿